ナツブラ宣伝

2010年05月09日

釘宮理恵さんのアフレコシーンに対する海外反応

なんか急にアクセス数が増えました。
わあい。


今回は釘宮理恵さんのアフレコシーンについている動画を翻訳してみました。
演じるのは『十二国記』の泰麒と『灼眼のシャナ』のシャナです。

灼眼のシャナ〈20〉 (電撃文庫) 風の海 迷宮の岸(下) 十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート

十二国記の続刊はもう出ないのかなぁ。
何年か前に作者の小野不由美さんが「続きを書く気はある」と言っていたような気がするのになぁ。







この動画についたコメント

・彼女は世界で有数の女性声優の一人だ

・彼女は素晴らしい・・・最高の声優だよ・・・

・アメェージィーーーーングッ!!

・ waaaaaaahhhhhh!!!!!!(わーーーーーーーーー!!!)
~sugoi desu!!(すごいです!!)
zettai SUGOI nano desu!!(絶対すごいなのです!!)

・彼女がネーナ・トリニティをやっているところが見たい

・くそっ! 声の演技ってのは思ってた以上に難しそうだ。

・彼女はプロフェッショナルだ! HAHAHA、彼女は私のお気に入りの声優なのさ。

・凄すぎて恐怖感すら抱いてしまうね。

・OoO ←動画を見てる間中、こんな顔になってた。

・彼女がシャナをやってるの?

・そうだよ。ただし、私は銀魂の神楽の演技が一番素晴らしいと思うけどね(> <)

・私が一番好きな彼女のセリフ「Giiiiiin chaaaaan~~!(銀ちゃ〜〜ん!)」

・Urusai Urusai urusai! =3
That's when Shana Moe Started =3
(うるさい、うるさい、うるさい!
それを聞いた時、私のシャナ萌えが始まったのだ)

・超良いね! 香港では彼女は神のような存在だよ!!

・日本の声優は素晴らしいよ! ここ台湾の声優は彼らに比べて劣っているから日本が羨ましい。

・私の記憶が正しければ、彼女の声は録音された後にエコー効果がかけられている。それはこの動画を観ても一目瞭然。私はずっと見てきたから分かる。

・なんで鋼の錬金術師をやらねぇんだよぉ! 私はアルの声をやってるところが見てぇんだよぉ!!

・もし私がある一つのアニメを知らずにいたら、今とはまったく違った人生を歩んでいたことだろう。
灼眼のシャナに出会えたことは、私にとって良いことだったと思う。

・彼女の声は素晴らしすぎて、ボクのハートをドキドキさせるよ!!

・彼女が一瞬にしてガラッと雰囲気を変えるところは衝撃的。

・声優って本当に生きている人間なのかたまに疑いたくなる。

・釘ちゃんはツンデレの女王様だ!

・kugyuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuu(くぎゅうううううううう)




こういう系統の動画はいつものことながら「このアニメなに?」「これは○○だよ」というコメントの応酬で埋め尽くされますね。
日本の場合だと「前の方のレスぐらい読めカス」ってなるのに、それにいちいち答えてあげているのが日本とは違うところです。
それとも、これはYouTubeだけの現象なのだろうか。

印象に残ったのは「日本の声優は素晴らしい!特に宮野真守は素晴らしい!」と唐突に宮野さんのことを話題に出す人が一人いたことですね。
やっぱり、宮野さんは海外で人気があるなぁ。


りぜるまいん 1 [DVD]りぜるまいん 1 [DVD]
スギサキユキル

ポニーキャニオン 2005-07-20
売り上げランキング : 152818

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Boisterous Bone(騒がしい骨) at 00:41| Comment(1) | TrackBack(0) | Voice actor(声優) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
十二国記が触れられてなくて泣いた
Posted by 名無し at 2014年03月07日 11:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。