ナツブラ宣伝

2010年05月08日

ネアンデルタール人と現代人が混血していたことに対する海外反応

ネアンデルタール人

新聞やニュースなどで取り上げられて知っている方も多いでしょうが、古代に絶滅したヒト属の一種『ネアンデルタール人』と現代の人類の祖先が交配混血している可能性があると発表されました。

ネアンデルタール人:ヒトと混血? 3万8000年前の化石、ゲノム解析 - 毎日jp(毎日新聞)

このネアンデルタール人は現生人類である我々ホモ・サピエンスに、最も近い種族であると言われているそうです。

今回はこのことに対する海外の反応を翻訳してみました。




【元記事】Neanderthal Genome Shows Most Humans Are Cavemen

eddlemsg
私は驚かないね。ネアンデルタール人の復元された顔の画像を見る度に思うんだ。ウチの妻の叔父さんにすごく似てるってね!
もっとも白人とネアンデルタール人とが、血が繋がってるとはとても思えないよ(笑)


stoffer
ネアンデルタール人は現生人類よりも脳が大きく、より頑丈で寒い環境でも生きることが可能だった。
我々が彼らのそういった特長を引き継いでいるのなら、それは素晴らしいことだね。


Dolmance
なるほどね。私がネアンデルタール人の血を引いてるか・・・この分じゃ次はクロマニョン人もそうだとか言い出すのも時間の問題だな。
そんなわけねぇだろ、ふざるなよ!


Reow
私が興味があるのは、キリスト教徒がネアンデルタール人に魂はあったとするか否かだな。
人間には魂があり、動物には無いという自分達の教義を捨てる準備は出来てるのかな?


partyboy
恐らく、彼らは恐竜と同じ様に「神が最初から地面にネアンデルタール人の化石を創って埋めておいた」と主張するだろうね。


Sunyjim
研究によると金髪や赤毛、緑や青の瞳で白い肌の人間はネアンデルタール人の遺伝子を持っている可能性が高いそうだ。
今までは日照の少ない地域で暮らしていたから白くなったと考えられていたが・・・同じような条件で暮らすイヌイットを思い浮かべてほしい。彼らは白人ではない。
私が予想するに、ヴァイキングの金髪や、アイルランドの赤髪はネアンデルタール人起源なのではないだろうか。




正直、思ったよりも盛り上がりにかける印象でした。

コメントの最初の方に「ネアンデルタール人と血が繋がっているわけがない」っていう意見が多かったので、もっと荒れに荒れているかと期待したのですが・・・・
後半は内容を冷静に受け止めている人が多かったです。

ただ、前半にも見られるようにネアンデルタール人の血が自分に流れているかも知れないということに、気分が良くない人も中にはいる模様です。

日本人的にはそこら辺、どうなんでしょう?

はじめ人間ギャートルズ DVD-BOX (初回限定生産)はじめ人間ギャートルズ DVD-BOX (初回限定生産)
園山俊二

バンダイビジュアル 2005-08-26
売り上げランキング : 19694

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Boisterous Bone(騒がしい骨) at 00:25| Comment(6) | TrackBack(0) | Science(サイエンス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
普通に白人とそっくり度と思うけどな他の人種よりは
Posted by at 2010年07月18日 00:58
白人はどう言う民族だったか知っているのか。文明を興した事もない。
エジプト文明、インダス文明、ギリシャ文明、そしてローマ帝国。
これらは全て褐色人種の興したもの。
白人は今から500年前まで原始人だった。農耕も知らない。便所もない。風呂も知らない。
文字が無い。食器が無い。服もない。毛皮で生活だ。しかも決まった食料も無い。
手ずかみで物を食らう。

それが白人の世界だった。

勿論國なんかない。文字もない。それが白人の社會だ。
世界では何人が支配したか。イスラムの民と同じ褐色人が支配したんだ。
世界の4大発明は支那大陸発祥。文字。紙。火藥。印刷。
白人はガリレオの時代ですら地球が丸い事を知らなかった。
もうそんな事は4大文明では全て分かっていた。
日本でももう5世紀には中華文明に接している。
Posted by at 2011年03月30日 03:30
以前から、白色人種って何故あんなに大きくがっしりした体格なんだろうと疑問に思っていたが、ネアンデルタール人が白い人種だと知って、納得した。がっしりとした体格はその当時のホモサピエンスにとっても魅力だったろうしやはり強い力のあるものがより生き残れたのではないか。また薄い目の色、赤や金髪ももちろん魅力的に映ったのでは。。つまり、異種交配は意外と積極的なものがあったのではないだろうか?ちょっと顔形の美醜はどうだったのかわからないが、、。実際、交配によって混血の子孫がそんなに沢山残せたかは疑問だが、寒冷地で生き残れるネアンデルタール人が受け継いできた遺伝子などを受け継ぐことによって、現生ホモサピエンスの頭脳とネアンデルタール人の頑健な肉体と、両人種のより優れたものが受け継がれ淘汰によって残されてきたとしたら、すごい事だと思う。
Posted by tomoko at 2012年05月06日 16:10
ジーン・アウルの「大地の子エイラ」で、まさにこの様な話を書いています。
ネアンデルタール人とクロマニョン人(現代人)が同じ時代に生きていたという、化石検証は出ていたので、そこから話の種ができたとか。
現代人の主人公の女の子が、地震で両親を亡くして、ライオンにも襲われ死に掛けているところを、ネアンデルタール人のグループが拾って育てられる。
後に成長して、ネアンデルタール人と現代人のハーフが誕生。
種族間の対立とかもあるのですが、
作者が書くきっかけになったのが、ネアンデルタール人のお墓が発掘された時、花束が一緒に埋葬されていたそうで、旧人も現代人も、心は同じだったのではという、エピソードが大好きです。
この本、20年前から続いていて、まだ終わってませんw
Posted by at 2012年06月15日 15:25
>白人は今から500年前まで原始人だった。農耕も知らない。便所もない。風呂も知らない。
文字が無い。食器が無い。服もない。毛皮で生活だ。しかも決まった食料も無い。

あなたがどこで歴史を学ばれたかは知りませんが、それは変でしょ? イングランドの建国は10世紀ですし、フランスの母体になるフランク王国の建国は482年ですけど。 農業に移行したのも西欧の方が日本よりも2000年ほど早いですよ。
地球が丸い事を最初に言ったのは、プラトンだと思いました。紀元前5世紀の話です。 証明したのはコペルニクス、マゼランあたりでしょうが。 
他の文明は知りませんが、確か中華文明では、地球が丸いというコンセプト自体がないはずですよ? 
日本では蘭学が盛んな江戸時代に人々の知ると所となりましたが、それはオランダを通じて西洋の知識が流入したためで、中国からの知識ではないです。
Posted by えーー? at 2014年05月02日 22:38
体格の優れていたのはネアンデルタール人。
頭脳も優れていたのはネアンデルタール人。

クロマニヨン人が優れていたのは、コミュニケーション能力。
文化の力は偉大だよ。
Posted by at 2016年04月09日 15:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149173351

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。